エホバの証人の理解と救済のために

書籍案内

 

ものみの塔の予言・
教理の移り変わり

 発行者:エホバの証人救済対策協議会
定価:1,200円

※お問い合わせ からし種出版(株)
〒655-0044
神戸市垂水区舞子坂1丁目9-72
/Fax 078−784−2731

ものみの塔の源流を訪ねて 

 著者:中澤啓介
出版社:からし種出版  価格:1800円(税別)
この本はラッセルの虚像を打ち砕き、確かな歴史的資料を駆使して、その実像に迫ろうとしている。実に面白い歴史研究の真髄に迫る読みもうである。

※お問い合わせ からし種出版(株)
〒655-0044
神戸市垂水区舞子坂1丁目9-72
/Fax 078−784−2731

 

 

 

 ものみの塔のアキレス腱

このアキレス腱が切れたらものみの塔の命取りです
  反響続々!

著者 中澤啓介 発行者:草刈定雄  出版社:からし種出版(株)
定価:1,400円

※お問い合わせ からし種出版(株)
〒655-0044神戸市垂水区舞子坂1丁目9-72
/Fax 078−784−2731

キリストが1914年に臨在したという教理は、ものみの塔の信仰にとって、もっとも重要な教えです。その教理は、エルサレム陥落が紀元前607年に起こったことを前提にして成り立っています。まさにアキレス腱です。
 ところが、歴史上のすべての証拠は、西暦前587年にエルサレムが陥落したとを証言しています。本書は、歴史の文献など、12の考古学上の証拠を徹底的に検証し、ものみの塔の主張の間違いを明らかにしています。この本を読んだだけでエホバの証人をやめた人がいます。

 


偽りの楽園

つらかった生活の息づかいが聞こえてくるようです
  おかあさん! ぜひ読んでください!
       
著者 稲津麻美  発行 恵友書房           
定価  1,000円 

※ お問い合わせ 恵友書房
〒228-0803 相模原市相模大野6-9-13
大野キリスト教会内
筺042-743-5674  Fax 042-748-1959

自衛官の妻である著者が、エホバの証人となり、一方的な規律と制約された生活の中で活動してきた時代を振り返って書かれた赤裸々なエッセイ。
 主婦の鋭い目を通して、エホバの証人の中にある問題や葛藤が浮き彫りにされています。
 ものみの塔の信仰が、どのようなのであるかを知らせるには、最もよい書物です。

 

 

エホバの証人伝道のための
ガイドブック

手作りの小冊子です

発行者:背山藤枝
定価:200円
問い合わせ:JWTC事務局

エホバの証人脱会者6人の証言 CD

定価:2500円 CD二枚組 約160分
お求めは、キリスト教放送局FEBC
http://www.febcjp.com/cdshop/sp203.html

「私が組織を離れることになったのも、熱心に業を追い求めるほど確信や目標から遠ざかるように感じ、結局疲れ果てて絶望してしまうしかなくなったからです。…」 (原田康次さん)
エホバの証人−ものみの塔−から脱会し、主イエスを救い主と告白するに至られたキリスト者の6人の方々の証言。

 ご案内は、日本バプテスト教会連合大野キリスト教会牧師中澤啓介氏。