ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 3992399239923992
昨日 : 4209420942094209
総計 : 1394100139410013941001394100139410013941001394100
平均 : 461461461
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

トップ  >  JWTC通信(体験談)  >  JWTC通信2008年夏号  >  「夫がエホバの研究生になって・・・」 神奈川在住  

「夫がエホバの研究生になって・・・・」    神奈川在住 


 2006年9月3日の夜、主人から「神棚も片付けようか」この言葉から悪夢の日々が始まりました。「エホバ神」・「ものみの塔の教え」が本当の真理であると話し始めました.

姿は同じだけど中身が主人ではないのです。「仏教にこだわり続けていた全てが間違いだった」「偶像に手を合せない」「日本の行事、誕生日も祝わない」と言いつづけます。

「神前結婚も間違いだった」「葬式もいらない、輸血よりも死を選ぶ」と言いました。

そして、私をサタンだと言います。結婚二十年目を目前に今まで作り上げてきた事を全て否定されました。ことごとく私の心に傷がつき、心の奥の方まで悲しみ・苦しみ・怒り・恐怖が突き刺さりました。両親の助けを借りてもびくともしない心。何を話しても閉じている耳。能面のような顔・・・・どうしてこんな事になったのだろうと一人で悩み続けました。他人からは「私が主人を大切にしていない、背を向けているからだ」と言われ、エホバの証人の人からは「頑固な主人が正しい道に進もうとしているのはエホバ神の力、主人の大きな愛だ」と言われ、「日本の法律には宗教の自由がある、主人の意思は妻である私でも奪ってはいけない」と言われて私の意思・愛・信仰はどうすればよいのか尋ねても返事はなく泣きました。一番隣にいる人間を苦しめてまで進む道なのか私には理解できませんでした。『これでもか』というくらい心が傷つき痛くて辛かったです。「私の人生を返して欲しい、別れて欲しい、それが出来ないのなら私を今すぐ消してくれ」と頼みました。完全に家庭が壊れてしまいました。食べること、飲むことが出来なくなり涙の日々、恐怖の日々で身も心も疲れ果ててしまいました。そんな私の救いは三人の子、大切な友でした。泣いている私の肩にそっと寄り添ってくれた息子。お小遣いでケーキを買ってくれた娘。側で話を聞いて助けてくれる娘。いつでも駆けつけてくれる友達・・・人が怖くなっている私を温かく支えてくれました。それでもまだエホバ神は、証人の人は、主人は私の心の傷を広げに来ます。主人の口から出る言葉は、もう私を傷つけるだけです。そこから逃げたく終わりにしたく離婚を決めていました。そんな時に救いの出逢いがありました。

コンサートで聞いた曲“祈り”「神様がいるのなら一つだけ祈りたいできるだけ穏やかな人生をあの人に」・・・相田みつおさんの「あんなにしてやったのに(のに)がつくとぐちになる」・・・夜回り先生こと水谷先生の「薬物中毒者は愛情だけでは救えない専門医との協力で二人三脚が必要」・・・この三つの言葉との出逢いが今までの自分の行動にブレーキがかかり、今まで自分の気持ちしか考えていない事に気が付きました。私の気持ちの前に主人の気持ちを考える様になりました。そこから不思議なくらいに救われ始め全国被害者集会などを知り、Cさんの携帯番号に導かれB先生に巡り会えました。カウンセリングで過ちに気が付き本当の神様へ導かれる主人を目の前にして真の神様に逢えたことに心から感謝しています。今思うと私自身も気が付かなければいけない事がありました。主人の大切さ、家族の大切さ、宗教など考えさせられました。お互いが大切に思い、悪い場所、間違った場所から救いたいと思っているのに立っている土俵が違うだけでこんなにも傷つけあい、苦しみあい、憎しみにも変わり別れてしまう悲しみは本当に不幸です。大切な人だからこそ悪から救いたいとお互い願うのになぜこのような辛い思いをしないといけないのか・・・お互いが違う土俵の上から早く目を覚ましてと願っているように思います。今現在苦しみに耐えているご家族の事を思うと胸が痛みます。あの辛い立場に立たないと分からない事がたくさんあると思います。私自身いまだに心の傷が痛み涙がこぼれてきます。家族の心は誰が受け止めてくれるのか。家族であるが為に受ける問題。間違いに気が付き正しい道に戻る本人を家族がどうサポートすればよいのか。いろいろな問題に出会います。エホバの問題はそこに入った人だけではなくその家族にもいろいろな問題を投げかけてきます。家族のケアーの場所も大切だと心から思います。何よりもエホバなど偶像が一日も早くなくなり家族が安らかに、幸せに暮らせる日々を望みます。一日も早く間違いに気が付き本当の家族の元に帰る日を祈ります。最後に私を救って下さった多くの方々。今もサポートして下さる多くの方々、支えてくれる子供,家族、友人。そして間違いに気が付いて帰ってきてくれた主人に心からお礼を述べます。本当に有難うございます。 神様、心から感謝致します。 

                               

プリンタ用画面
カテゴリートップ
JWTC通信2008年夏号
次
「一年前を振返って」  神奈川在住
カテゴリー一覧
Amazon 検索