ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 3994399439943994
昨日 : 4209420942094209
総計 : 1394102139410213941021394102139410213941021394102
平均 : 461461461
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

トップ  >  JWTC通信(体験談)  >  JWTC通信2007年夏号  >  トピックス・No1「妊婦の輸血拒否による死亡事件」 

トピックス・No1「妊婦の輸血拒否による死亡事件」 


 信仰上の理由で輸血を拒否している「エホバの証人」信者の妊婦が5月、大阪医科大病院(大阪府高槻市)で帝王切開の手術中に大量出血し、輸血を受けなかったため死亡した。同病院によると、女性は5月初旬、予定日を約1週間過ぎた妊娠41週で他の病院から移ってきた。42週で帝王切開手術が行われ、子供は無事に取り上げられたが、分娩(ぶんべん)後に子宮の収縮が十分でないため起こる弛緩(しかん)性出血などで大量出血。止血できたが輸血はせず、数日後に死亡した。同病院の医師や看護師からは「瀕死(ひんし)の患者を見殺しにしてよかったのか」と疑問の声も上がっている。  
 (2007年 6月19日19時46分毎日新聞)

プリンタ用画面
前
「エホバの証人の間違いに気づいて」 匿名
カテゴリートップ
JWTC通信2007年夏号
次
トピックス ・No2 「 王国会館放火事件」
カテゴリー一覧
Amazon 検索