ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 871871871
昨日 : 2432243224322432
総計 : 1072757107275710727571072757107275710727571072757
平均 : 366366366
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

今週のメッセージ
今週のメッセージ : 2017年2月15日の授業から
投稿者 : jwtc 投稿日時: 2017-02-16 05:07:18 (53 ヒット)

今日は、暖かい日となりました。礼拝では、テモテへの手紙第一全体を通し、「イエスは私にとってどのようなお方か」というメッセージが取り次がれました。イエス・キリストの「イエス」は名前で「キリスト」は家系と考えやすいが、キリストは「メシヤ」あるいは「王」というタイトルであること学びました。さらに、このイエスは、罪の贖いのために死なれたこと、神と人との間の唯一の仲介者であること、再び来られる希望の王であることなどを教えていただきました。

続く午前のクラスでは、中澤先生がご自分の神学をどのように形成してこられたのかをお話くださいました。小学校4年生頃に始まる聖書との出会い、高校時代の信仰、神学校での苦悶の葛藤、牧会者としての歩みから最近に至るまでの変化について、率直にお話くださいました。そして今は、「聖書を物語として読む」ことの大切さと深い意味に感動しているということでした。

午後のクラスでは、元長老のIさんが、ものみの塔組織の長老たちが起こしている「幼児の性的虐待問題」を取り上げてくださいました。その後クラスの参加者全員で、最近の組織の動向について話し合い、検証しました。ものみの塔組織は、今や末期的症状を呈しているという指摘に対し、全員が納得しました。ものみの塔の学びになると、エホバの証人関係者が多く集まり、活発な議論が展開されます。私自身は、エホバの証人とは関係がないのですが、とても参考になる学びとなっています。ありがとうございました。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Amazon 検索