ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 1294129412941294
昨日 : 3794379437943794
総計 : 1383916138391613839161383916138391613839161383916
平均 : 458458458
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

今週のメッセージ
今週のメッセージ : 2017年5月10日の授業から
投稿者 : jwtc 投稿日時: 2017-05-12 09:03:05 (37 ヒット)

今日は雨降りの一日でした。しかし、クラスには熱心に学ぶ人たちが大勢参加され、すばらしい学びのときをもちました。礼拝では、創世記12章1節から4節より、「アブラハムへの祝福」というメッセージが取り次がれました。この箇所には、5回「祝福」という言葉が出てきます。それは、1章から11章までに出て来る5つの「呪い」に対応していると学びました。ただそれだけでなく、1章から2章の創造の記録において7つの「よしとされた」と、3つの「祝福」が出てくるので、アブラハムへの祝福は、そこへの回帰が意識されているという解釈には、なるほどと感動しました。続く午前のクラスでは、聖書を物語として読むこととディスペンセーション的な聖書解釈の違いについて解説がありました。

午後のクラスでは、中澤牧師がクリスチャン新聞に連載中の「NTライトの神学」の書物から学びました。福音派のクリスチャンたちは、ライトの歩みや神学的な立場、その生涯や信仰者としての在り方や考え方から謙虚に学ばねばならないという姿勢に対して、深く考えさせられました。神学とその人の人格的なものとは切り離すことは出来ないということはその通りだと思いました。このような記事を通し、あるいはJWTCのクラスを通し、中澤牧師が福音派に遺産として残さねばならないと考えていることがだんだん分かってきました。先生には、命あるかぎり、その使命を果たしていただきたいと祈らせられました。感謝です。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Amazon 検索