ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 1294129412941294
昨日 : 3794379437943794
総計 : 1383916138391613839161383916138391613839161383916
平均 : 458458458
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

今週のメッセージ
今週のメッセージ : 2017年5月17日の授業から
投稿者 : jwtc 投稿日時: 2017-05-17 20:21:53 (31 ヒット)

今日は小雨のぱらつくお天気でしたが、すばらしい学びの時をもちました。礼拝では、創世記12章1-3節より「アブラハムの子孫」というメッセージが取り次がれました。アブラハムの子孫とは、旧約聖書ではイスラエルのことですが、新約聖書ではキリストのことであり、クリスチャンのことだというお話でした。聖書全体が「神の贖いの物語」であるという説明が、次第に違和感なく聞けるようになってきました。その後のクラスでは、ディスペンセーショナルな聖書解釈の問題について質問があり、ご一緒に考えました。

午後からのクラスでは、エホバの証人の元長老Iさんが、「嘘には二種類ある。本当の嘘と一部の真実を全体の真実であるかのように話す嘘とである」という話をしてくださいました。その後、エホバの証人の問題についてさまざまな角度から話し合いました。ある地方で、相当数の背教事件が起こっているという報告には、ショックを受けました。組織も末期的症状が生じているのだなあ、と感じました。かってのエホバの証人たちの仲間が、一日も早く組織から出てくることを祈らざるを得ませんでした。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Amazon 検索