ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 2339233923392339
昨日 : 4850485048504850
総計 : 1631777163177716317771631777163177716317771631777
平均 : 529529529
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

今週のメッセージ
今週のメッセージ : 2017年7月5日の授業から
投稿者 : jwtc 投稿日時: 2017-07-07 06:50:57 (39 ヒット)

昨夜から日本列島を襲っていた台風も収まり、今日は真夏日のような暑い一日でした。礼拝では、ペテロの手紙第一2章9-10節より「王的祭司であるクリスチャン」というメッセージが取り次がれました。この箇所に出てくるクリスチャンに与えられた「選ばれた種族」、「王である祭司」、「聖なる国民」、「神の所有とされた民」という4つのタイトルは、旧約聖書のイスラエルの民に対して使われた称号と同じものだそうです。つまり、旧約聖書と新約聖書は、同じ一つのストーリーが展開されていることになります。私は、「教会はイスラエルに取って代わった」という置換神学を教わってきましたので、非常にびっくりしました。もし「一つの物語」として読むなら、これまで私が信じてきた「福音」はかなりいびつなものだったと感じます。大きな宿題を抱えました。
午後のクラスでは、エホバの証人の元長老のIさんが、最近はやりの「フェイク・ニュース」という問題について話してくださいました。偽の話には、悪意に基づくものと善意から出てくるものとがある、ものみの塔の偽りは一部の真理を拡大して全体そのものであるかのような話を悪意からなされたものであるという話にとても説得力がありました。その後のクラスでは、エホバの証人出身者が、ものみの塔の実態について様々な角度からの情報を分かち合ってくださいました。私にとっては知らないことばかりで、とても有益な学びでした。

ありがとうございます


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Amazon 検索