ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 2341234123412341
昨日 : 4850485048504850
総計 : 1631779163177916317791631779163177916317791631779
平均 : 529529529
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

今週のメッセージ
今週のメッセージ : 2017年7月12日の授業から
投稿者 : jwtc 投稿日時: 2017-07-13 05:14:23 (43 ヒット)

暑い真夏日の一日、今学期最後のクラスでした。礼拝では、創世記5章、10章、11章の3つの系図から、「人間の堕落の中で貫かれる神の恵み」というメッセージが取り次がれました。創造時に「よし」とされた被造世界が、人間の堕落後にどのように変わったのかという問題が取り上げられました。堕落という悲しい出来事があっても、この世界に対する神の愛と恵みは少しも揺らぐことはないことを知り、とても参考になりました。そう考えて生きると、とても楽になります。

その後のクラスでは、キリスト教に対して日頃持っている様々な疑問について、互いに分かち合い、考え合う時を持ちました。さらにトニー・ワグナー著『学校の未来』という書物から、学校で学ばねばならないのは知識の詰め込みではなく、現実の社会が求めていることであり、それは7つあるということを学びました。高校での学びは無論のこと、大学や神学校、さらには教会学校やユースの教育などについても通じるものがたくさんありました。こういう問題をよく知って、クリスチャンとして生きていくことの大切さを学び、感動しました。

今日で、一学期の学びが終わり、夏休みに入ります。しばらく皆さんにお会いできないことはさびしいことですが、夏休みには普段したいと思っていて出来ないことにトライしようと思っています。

皆様も、お体を大切に。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Amazon 検索