ログイン
ユーザー名:
パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録
はじめての方へ
メインメニュー
事務局

ファックス
 042-748-1959
 JWTC(中澤啓介)
郵便振替
  00180-0-190061 
 加入者名:JWTC
問い合わせ:事務局 
 080-2089-4226

アクセスカウンタ
今日 : 1302130213021302
昨日 : 3794379437943794
総計 : 1383924138392413839241383924138392413839241383924
平均 : 458458458
FEBC

(2014年12月20日放送)
特別オンエア中!
体験談『私が本当に捕われていたのは、エホバの証人ではなく…』

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2009-07-02 21:32:56 (1238 ヒット)

礼拝ではヨハネ7章1節から13節に基づいて中澤牧師のメッセージがあった。イエスは最初エルサレムには行かないと言われながら、実際には後になって行かれた。それは、ユダヤ人指導者たちによって殺害されてしまう危険性があったので、公には行かないということであり、私的なこととして行かれたということだった。言葉は、表面的な意味だけをとらえるのではなく、真に意図していることを文脈から読み取らないと、誤解で終わってしまう、というお話だった。
クラスでは、エホバの証人の罪の理解と聖書の罪の理解との間に違いがあるのか、ということが話し合われた。また、村上春樹の話題の小説「1Q84」の中に出てくる主人公の一人がカルト(エホバの証人)体験を持っているようだが、それについてのコメントを、という質問があった。中澤牧師は「まだその本を読んでいないので、2週間後のクラスで(来週はお休み)お話します」とお返事されていた。
8年前にものみの塔を脱会された元長老がクラスに参加され、クラスをにぎわしてくださった。


« 1 ... 49 50 51 (52)
Amazon 検索